厚い買い板が割れるまでのプロセスにも注目することが大事だと思う。


長い時間ふんばって末に割れた時は、個人的にあまり逆張りで買いたくない。


割れた後も何事もなく戻すこともあるけど、中々後が続かずに結局下落していくパターンが多いように感じる。


続いてあっさりと割れた場合。これは割れた後の動きにもよるけど、あっさりと割れたが大きく垂れることなく踏みとどまるパターンが個人的に逆張りの黄金パターンだと思う。


寄り付直後の出来高が多い場面にこのパターンが出現したらとりあえず手を出しておきたい。


ただ、インした後のファーストリアクションでさらに下げるようならば、ナンピンはせずにすぐに逃げたいところ。


この辺のフットワークは常に軽くこなせるよう努めたい。


スポンサーリンク