窓埋め逆張り手法においてのエントリーについて感じたことを書いていく。


基本的には窓埋めポイント付近で指値をして待ち構えるスタイルなのだけど、指値まで到達せずに手前で反発してそのまま置いてきぼりを喰らうパターンが結構ある。


これはあくまで俺のイメージだけど、そういった銘柄は活況銘柄の中でもティック数ランキング上位にくるような超活況銘柄であることが多いと感じる。


市場参加者が多ければ、乗り遅れたくないと意識がより強く働くため、その結果手前で買われていくのかもしれない。


逆にそれほどティック数が多くない銘柄の場合、できるだけ引きつけて指値した方が良い印象がある。


時間帯によってもこの辺のさじ加減は変わる。


さほど取引量が多くない後場なのでは、従来のポイントよりも少し下に掘ったところまで引きつけた方が良いと感じる。


ただ、朝の値動きが激しい時間帯の場合、激しく動くがゆえにピンポイントで指値を狙うのは難しいと感じる。


こればかりは感覚を養うしかないのだろう。

スポンサーリンク