最近、最良気配値付近に出る買い板の動きに注目して監視しているのだが、これについて感じたことを書いていく。


買いが強い場合、最良気配直付近の買い板に指値がバシバシ入ってくるので、順張りでエントリータイミングをはかる時にはとても参考になるのだけれど、注意しなければならないことがある。


それは、あくまでもアップティック時の板の動きに注目するということだ。


ダウンティック時に買い板が膨れたとしても、下落の流れで大きな売りをぶつけられてしまったり、そうでなくても横ばい状態になることが多いような気がする。


アップティック時でも直下に厚い買い板が入るということは、それだけ買いたいという思いが強いと読み取れる。相手が人間だろうとアルゴだろうと同じだ。


こういう局面ではそのまま上に上がってい傾向にあると感じるので、売り板が極端に離れていない限りは成行買いが良いだろう。


これまでの話とはずれるが最後に一言、新興の貸借銘柄は難しい。敬遠気味でいこうと思う。







スポンサーリンク