今試している厚い買い板が破られた後にエントリーする手法について、現在思うことをまとめていこうと思う。


まず、大きなガラは今のところ喰らっていないのでこれは良い点。活況銘柄を触っているため、長くやっていればいつか喰らうことはあるのかもしれないけど、今のところは大丈夫。


次に反省点。エントリーするのが早すぎて、損切or同値撤退がたまにある。


勝率100%はありえないので仕方がないが、もう少し引きつけてから入った方がよかったという場面が多い気がする。


体感だと貸借銘柄の時は、もっと引きつけた方が良いかも。確信はないけどなんとなく。


下げ止まるだけでなく、買いがポツポツと出てくるのが確認できるところまで待った方が勝率はあがるかも。


ただ、引きつける意識が強いとインのタイミングを逃すこともあるだろう。この辺のバランスの取り方は、厚い板の喰われ方を見極める必要があるので、今後も要検証といった感じ。


あと、厚い板が喰われた後、時間差で起きる急落は積極的にエントリーした方が良いかもしれない。


この急落は、厚い板を貫通する急落に比べるとリバが強いように感じる。


少しづつ修正を加えて、自分のものにしていきたい。







スポンサーリンク