ナンピンしてはダメなケースは、基本的にその銘柄の日中高値圏で飛びついた場合かなと思う。


高値圏で手を出す場合は、基本的にエントリーしてからのファーストリアクションで思い通りの動きをしてくれないならすぐに逃げるべきだと思っている。


高値を掴んでからナンピンするのはかなり苦しい。結局、助からない場合が多いと思う。


ナンピン前提の逆張りでは、初動の玉はできるだけ引きつけてから入りたいものだ。初動玉の一発で底をとらえるつもりでインしても、結局そこからもう少し下がってから底打ちするパターンがほとんど。


そこまで引きつけてからのナンピンは非常に有効だと思っている。余力の管理はしっかりとしておきたい。


判断に迷うのが高値圏での初押しでインした場合。最初の押し目は多少優位性があると思うので、少し粘ってもいいかな思う。


ただ、やばいと思ったらやけくそのナンピンはせずにやはり逃げるべきに変わりはない。


逃げるが勝ち。

スポンサーリンク