最近、デモトレと実際の取引との間には天と地と差があるということをつくづく感じている。


自分はデモトレをしているわけではないが、相場を観察しながらエントリーとイグジットを想像しているわけだけど、実際に取引してみるとまぁ思った通りにならない。


ポジションがあるのとないのとでは心理面で大きな違いがあるし、エントリーに関しては成行なのか指値でどこに指すのかで景色がガラリと変わる。


実際、今日もギリギリ指値が刺さらずストップ高まで上昇していくのを指をくわえて見ているだけという場面に遭遇した。


やはりリアルに取引しないと経験値が積めない。もちろん最小ロットで構わない。


なので、明日からはしっかり自分ルールを作って相場に臨もうと思う。


ルールその1は、損失が昨年稼いだIPOの利益がなくなるまでは積極的に取引すること。


IPOの利益は35000円ほどだが、残念ながら今月は10000円負けてしまっているので、残りは25000円だ。


そして、この25000円を割り込んでしまったら、入金額が信用取引の最低保証金額である30万円をデットラインに設定しようと思う。


現在の入金額は345000円なので、25000円を失えば、入金残高は320000円。残りライフは20000となる。手数料などのことを考慮すると、実際は20000よりも少ないと思っておいた方がよいだろう。


原則、追加入金はなしだ。30万円を割り込んでしまった、ペナルティーとして、割り込んでしまった日から1ヵ月間は入金を不可とする。


ペナルティー解除後の入金額は50000円とする。


これは生き残るためのゲーム。まずは稼ぐことではなく、取引しながら経験値を積み、なおかつゲームオーバーにならないことが最優先だ。


ルールその2は、呼び値が5以上の銘柄は触らないこと。理由はもちろん、ゲームオーバーにならないことを最優先するため。


以上。

スポンサーリンク