今現在主軸となっている手法とは別の手法を最近思いついた。


ひたすらチャンスを待つのも勝負師みたいでいいと思うが、如何せん手数が少なくなりがち。月単位で言えばノートレの日も何日かある。


もう少し手数を出したいという思いから、最近サブの手法を考案した。


サブ手法の説明をざっとすると、厚い買い板の上にさらに厚い買い板が生成された時に上を買っていくというもの。


メインの手法が逆張りなのに対して、サブの方が順張りでエントリーするものだ。


一つの厚い買い板を背にして買うとハシゴを外された時のダメージが大きくなりがちだが、さらにその上に厚い買い板が生成されれば比較的安全にインできるのではないかという理由でこの手法が生まれた。


ただ、この第二の厚い買い板が手動にせよHFTにせよ、買いが続かなかった場合、すぐに損切しようと思っている。


見せ板だとしても上がってくれれば問題ないため(そもそもいきなり生成される厚い板は見せ板の可能性の方が遥に高い)、インした後すぐに上への反応がなければ離脱するというスタイルだ。


このサブの手法がうまく機能すれば、手数の面では多少買改善されるため、ぜひモノにしたい。


ひとまず最小単位の100株でインして経過を観察していこうと思う。


スポンサーリンク