最近迷走中で、下落を拾うトレードも上手くいかないし、かと言って順張り気味に上を買いに行くトレードも下手くそなため、八方塞がり状態にある。

ただ、上を買いに行くトレードにて最近大切だと感じたことは、底堅さを感じること。

板の勢いや雰囲気を見て、上にブレイクしそうだと思って飛びついても、意外と上のフタを食いきれずに失速していったり、フタを食っても後が続かない場面も多い。


ただ、ある程度の底堅さを感じられる場面があったりすると、その後のブレイクに期待できると思うように感じる。


スキャやデイトレなので、底堅さは短期的な時間軸での話。一度その日の高値を目指すも少し失速、ただある程度のところでこらえてそこから再び息を吹き返してぐいぐいと上がっていく…その後の板の配置や動きで上を買いに行ければ、底堅さがなくただ上を買いに行くよりも精度は上がるのではないかと思っている。


ちなみに、買いの厚い板ブレイク後の踏ん張りも底堅さに該当すると思っている。


連買い直後の上値に飛びつくとやられることが多い。なので、少し様子を見て、底堅さを確認してから再度上に飛びそうならそこでインするのが良いのではと思う。


寄り付き直後などはこの判断は難しいかもしれないけど(底堅さを待っていたら置いていかれるかもしれない…)、まぁ頭の片隅にでも入れておこうと思う。

スポンサーリンク