突然動き出した銘柄に凸する際に意識しておきたのが貸借なのか非貸借なのかということ。


貸借銘柄だと割と高値で売り圧力が強くなるのはもちろん、一度の売りのスイッチが入ると下げがなかなか止まらないことはよくある。


寄り凸もそうだが、場中に材料やらなんらかの仕掛けが入って動き出した場合、貸借なのか非貸借なのかはしっかり把握するクセをつけることが大事だと思う。


貸借なら安易に買いで入らず売りも視野に入れながら立ち回ろうと思う。


ただし、貸借だけども売り禁銘柄だった場合は話が変わってくるため、そこはしっかりと頭に入れておくべきだ。


以上。

スポンサーリンク