さわやかな朝

こんにちは、ユウリです。

新型コロナウイルスの影響で自宅に篭ることが必要とされている現在、生活リズムを崩してしまい朝に中々起きられないという人、結構いるのではないでしょうか。

今回は、夜人間から朝人間に変わるための朝起きる方法・対策について、元フリーランス活動をしていて自宅でひきこもりながら1年半ほど仕事をしていた僕がまとめていこうと思います。

結論:朝起きなくはいけない環境をつくる

いきなり結論なんですが、結局はこれに尽きると思います。

学生なら学校に行くため、社会人なら会社に行くためにおこなってきた朝起きるという行動が、休校や自宅待機、またはリモートなどのいわゆるテレワークに変更になった場合、朝起きるという行動がマストではなくなります。

人間は強制されないと、やらなくて良いことは自然とやらなくなっていくもの。

そのため、学校や会社にいくという動機に変わる朝に起きなくてはいけない新たな動機や理由が必要となってきます。

在宅で朝4時からフリーランス活動をしていた僕の事例

アフィリエイトの広告収入で生計を立てていた僕の場合、朝起きることは生活をしていくために絶対に必要不可欠な事でした。

当時は、最新のニュースや出来事を題材にしたコンテンツのブログを運営していて、アクセスを稼ぐのに苦労していました。

ろくなアクセスも稼げないまま、見切り発車で仕事を辞めてしまったため、精勤的にはかなり追い込まれていきました。

そんな中、ライバルの少ない早朝をメインに活動すれば成功できるのでは?という考えに至り実行したところ、これがうまくはまり、それから1年以上も朝の4時に起きるという活動を続けることができました。

「生活のためにアクセスを集めなくてはいけない」という強いモチベーションがあったのが、朝活を継続できた要因であったと思います。

スポンサーリンク

朝起きるための環境づくり方法

とは言っても、僕の事例のようにいきなりそこまで自分を追い込む環境を作るのは難しいかもしれません。

そこで対策として、簡単な事例をいくつか紹介してみようと思います。

朝のゴミ出しを率先してやる

一人暮らしの方なら当たり前かもしれませんが、家族などで生活していてゴミ出しを他の家族に任せていた場合、自分が率先して朝にゴミを出しに行きましょう。

また、「実は夜や深夜に内緒で出してました…」という人も、これを機に朝にしっかりゴミ出しする習慣に改めましょう。

荷物の配達時間帯指定を午前中にする

amazonや楽天などのネット通販を利用する際、配達の時間帯指定を午前中にしましょう。

これでもう「夜更かしして翌日は昼過ぎまで寝ていよう…」という選択肢はなくなります。

朝に友達とオンラインゲームで待ち合わせ

普段なら学校や仕事が終わった後の夜にやることが多いであろうゲームを早朝からやりましょう。

一人だと、モチベーションが上がりにくいため、友達とオンラインで待ち合わせをしておくとなお良しです。

頭が比較的クリアになっている朝にやるモンスターの狩りは一層捗ることでしょう。

まとめ

コロナで外出ができないため、朝起きる環境作りも平時に比べると制限がかかってしまいますが、それでも考えれば自分を律する環境は作れるはずです。

メンタリストDaiGoさんも著書の中で「朝の時間は脳のゴールデンタイム」と言っているように、集中力や作業効率は各段にあがります。

皆さんもぜひ、朝活で自分なりに充実した一日を始めましょう!

スポンサーリンク